ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPO N1 CyanogeonMod Editoinが12月24日に発売決定、GoogleはCyanogenModフォンを受け入れる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンブランドOPPOとCyanogenのコラボで生まれた「OPPO N1」のCyanogenMod Editionの発売日が12月24日に決定しました。OPPO N1 CM版は、CyangoeMod 10.2を搭載して発売されます。しかもCM版はGoogleのCTSテストをパスし、Android 4.3におけるCDDの要件もクリアしており、メーカーやキャリアから発売されるAndroidスマートフォンと同じようにGoogle Playストアでアプリをインストールしたり、Googleアプリを利用することができます。CM版では、開封後に起動するとCyanogenMod 10.2がブートする状態となっているほか、CyanogenModとOPPOのマスコットをモチーフにしたオリジナルデザインのステッカーやスマートフォンケースが同梱。さらに、パッケージングもオリジナルデザインとなっています。OPPO N1自体は、5.9インチ1,920✗1,080ピクセルのIPS液晶ディスプレイ、Snapcragon 600 1.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載した3Gスマートフォンです。206度回転する1,300万画素のメインカメラを搭載しており、通常ではありえないアングルで撮影できるところや、バックカバー上のタッチパッド「O-Touch」で本体を操作できるところが特講です。Source : Twitter(OPPO)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.2.2を搭載したASUS製「T100TC」「T101TA」がWi-Fi Allianceの認証を取得、Transformer BookのAndroid版?
ASUSアウトレットでNexus 7(2012)Wi-Fi+モバイルデータ通信モデルが1万円引きの19,800円で販売中
複数のAndroid端末で仮想コンポを構築できるAndroidアプリ「SoundSeeder」がプチChromecast化される、WEBサイト版Google PlayミュージックからのCast操作に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP