ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テレコムスクエア、ヨドバシカメラで業界初の海外用プリペイドSIMカード「Wi-Ho!」の販売を開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

海外旅行者などに対してWi-Fiルーターとデータ通信サービスをセットでレンタル提供しているテレコムスクエアが12月18日よりヨドバシカメラで業界初となる海外用のSIMカード「Wi-Ho(ワイホー)」の販売を開始しました。発売された海外用SIMカードは、音声通話・データ通信を利用できるものです。海外への出張や短期留学を予定している方にとっては、国内で渡航先で使用できるSIMカードを事前に購入することができ、また、サポートもテレコムスクエアが提供するので、困った時でも日本語で対応してくれるのがこのSIMカードを購入するメリットになります。SIMカードのラインアップは、米国用(12,000円/30日間対応)、台湾用(5,100円/180日間対応)、香港用(5,100円/180日間対応)、中国用(5,670円/30日間対応)です。いずれもプリペイド型なので、現地で使用するのに対応期間に追加料金が発生することはありません。Source : テレコムスクエアヨドバシカメラ



(juggly.cn)記事関連リンク
小米科技のMi3 WCDMA版の発売時期が12月末に変更
Samsungは12.2インチのペン入力対応タブレット「Galaxy Note Pro」を韓国で展示していたらしい
HTC、香港版HTC Butterfly sにAndroid 4.3 & Sense 5.5アップデートを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP