ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真っ黒ダサ子にならない! 思い通りの黒髪デビューをするポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2014年も引き続き人気が続く予感の「黒髪」。ファッション誌のモデルはもちろん、海外セレブも美しいブロンド髪を黒にするほど注目されていますが、いざ美容室で「黒髪」にしたいとオーダーしたら、貞子みたいになったという悲鳴もチラホラ聞こえます。
そこで、芸能人も数多く通う美容室「ELLE est BELLE」の統括マネージャー・川嶋祐さんに、思い通りのモテ黒髪に仕上げるポイントについてお聞きしました。

「黒髪」にもさまざまな「色合い」がある

・自然なツヤっぽい黒髪

抜けてきたときにオレンジっぽくならない、アッシュブラウン(トーンは4~5)。シンプルでナチュラル。学生や就活中にオススメ。

・清楚な印象の黒髪

ツヤとコク、深みのあるチョコレートブラウン寄り。オフィスカジュアル、コンサバ、フェミニン系が好きな人向き。

・外人風の黒髪(ダークトーン)

根元から毛先に向かってやや明るくなる、アッシュシルバー、またはアッシュマット系のグラデーションカラー風。カジュアル、モードやギャルテイストなど、私服でさまざまなテイストを着こなしたい人向き。

・地毛っぽい黒

プラチナシルバー、グレーベージュ系の外の光など、光が強い所で見ると明るく反射する黒髪(ダークトーン)。透明感やナチュラル感、ゆるふわ感ある、いまっぽい色気を感じさせる服装が好きな人向き。

自分に合った色味を見つける
まずは、自分がどんな雰囲気の黒髪になりたいかを決めておくと、スタイリストに伝わりやすくなります。イメージが決められないときは、「普段の着る洋服のテイストに合う感じで」と相談すれば、好みの色合いが実現しやすくなります。
黒髪が似合うと周囲に褒められるためには、「自分のファッションに合わせて黒髪(ダークトーン)の色味も合わせる」ことがポイントだそう。数々のメディア調査で、「男性は茶髪より黒髪が好き」という結果が出ているようですし、「黒髪にしたら男性ウケがよくなった」という女優さんもいます。
自分の魅力を最大限に引き出してくれる「黒」は、ぴったりな色合いを見つけることが、モテ黒髪にシフトする大切なポイントのようです。
Beautiful brunette image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
「後ろ姿」と「横顔」で色気を感じさせるパーティヘアアレンジ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP