ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国移動が商用LTEサービスを提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国最大手の携帯キャリア 中国移動は12月18日、ついに中国における商用LTEサービスの開始を発表しました。中国移動が開始したLTEサービスは、NTTドコモやKDDIが提供しているFDD-LTE方式ではなく、TD-LTE方式を採用したものです(ソフトバンクのAXGPと同じ)。現在は、浙江省の杭州、寧波、温州の3都市で提供されており、2013年末までには北京、上海、広州、深圳を含む16都市にまで拡大される予定です。基地局数では、現在20万局が導入されており、2014年末までには50万局にまで拡大され、中国の100都市で利用可能になる見込みです。同日は、Samsung、Huawei、Lenovo、Coolpadなどの端末メーカーから中国移動向けのTD-LTE対応スマートフォンが多数発表されました。SamsungはGalaxy S 4、Galaxy Note 3、Galaxy CoreのTD-LTE版をを発表。HuaweiはAscend D2-6070とHuawei G716を発表。LenovoはA788tを発表。CoolpadはGrand 4 4G(8970L)、8720L、8730Lを発表しました。中国移動は世界最大の携帯キャリアとなるので、今後、中国国内外のメーカー各社はこぞって中国移動向けのLTE対応機種を投入していくものと予想されます。Source : yicai.com



(juggly.cn)記事関連リンク
Android向けホームアプリ「Facebook Home」がアップデート、ロック画面のデザイン・機能が刷新
Fitbitの公式AndroidアプリがNexus 5やMoto Xなどの一部のNexus端末とMotorola端末をサポート
携帯3社、12月24日に横浜市営地下鉄 湘南台駅~新羽駅のトンネル区間で携帯電話サービスを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP