体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「みんなとの信頼や絆が背中を押してくれた」BREAKERZ・AKIHIDEソロ公演レポ

 

 

BREAKERZのギタリスト・AKIHIDEが、セカンド・アルバム『Lapis Lazuli』を引っ提げて11月15日から東京、名古屋、大阪のジャズ・クラブで全8公演を行った〈AKIHIDE Premium Night Show “Lapis Lazuli”〉。白須今(ヴァイオリン)、林田順平(チェロ)、二家本亮介(ベース)、MAKOTO(ドラムス)という気鋭のメンバー4名を従えたこのライヴの追加公演が、12月5日にZepp Tokyoで実施された。

開演時刻を少し過ぎた頃、黒のスーツに瑠璃色のシャツを身に纏ったAKIHIDEが登場。ステージ中央へと歩みを進め深く一礼し、1日の始まりを告げる幸福感に満ちた“Birthday”でライヴは幕を開ける。「みなさんこんばんは。AKIHIDEです。〈Premium Night Show “Lapis Lazuli”〉へようこそ! 少し大人な時間を皆さんにお届けしたいと思います」と挨拶し、雨をモチーフにした“Rain”へ。澄んだ音色のギター・アルペジオが心地よく響く。

「いまも沖縄で暮らしている祖母の優しい笑顔を表現したいと思ったのがきっかけで生まれた曲。皆さんも大切な人を思い浮かべながら聴いてほしい」と語り、“Okinawa”“Namida”を立て続けに披露。優しく、温かな音色が会場を包む。ジャズ・クラブからライヴ・ハウスへと場所が変わっても、ギターを紡ぎ始めた瞬間、『Lapis Lazuli』の世界へと空気を変えてしまうのは流石だ。

 

 

中盤からはバンド・メンバーを迎え入れ、フル・メンバーによる演奏。月の下で絡み合い踊る男女の天使をイメージしたという“Moon Dancer”からスタート。艶のある素晴らしく豊潤な音が、会場の隅々まで響き渡り、オーディエンスを魅了していく。

「こんな静かなZepp初めてでしょ? 今回はジャズ・クラブをまわって、最後はまさかの日本最大級のライヴ・ハウスで座席指定。今日はレアな日でございます(笑)。次の“Home”という曲は僕のホームページで流れている曲で、変わらずそこにあって皆さんに〈おかえり〉という気持ちで作りました。この曲を始める前に言いたいことがあります。東京に帰って来たということでただいまと言ってもいいですか?」「ただいまー!!」と叫ぶと、客席から「おかえりー!」とあたたかい拍手と声が飛ぶ。

 

 

跳ねるようなサウンドが印象的な“Home”で会場の空気がぐっとアットホームになったところでリード曲“Lapis Lazuli”、そして今回のツアーの思い出話を交えながらメンバー紹介へ。みんなで卓球をやる計画を進めているなど、和気あいあいとした微笑ましいエピソードの後には、AKIHIDE自身が大のジブリ好きということで「となりのトトロ」より“風のとおり道”のカヴァーを披露。こうしたインストゥルメンタル楽曲のカヴァーが聴けるのも今回のツアーの醍醐味のひとつ。

しっとりと聴かせた後は畳み掛けるように“Lost”“Sayonara”を演奏。“Sayonara”では、客席を2チームに分け、手拍子(リズム)を指南し、観客とコミュニケーションを図る。フェイントまで忠実に再現するオーディエンスに「やるじゃん! Zepp!!」と嬉しそうに笑みをこぼしていた。一体感をそのままに本編は“Tomorrow”で万感のラストを迎えた。

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。