体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京おもしろ散歩】山手線一周の旅「目白駅」:横山緑の「みどりぽ(3)」

みどりぽ

編集部より:ニコニコ生放送で、企画配信などを実施している配信者「横山緑」が、山手線を一駅ずつ紹介していく「みどりぽ」という番組をスタート。新大久保駅からはじまったこの番組も今回は3回目。目白駅にやってまいりました。この記事では、横山緑自身が書いたレポート記事をお届けします。なお、横山緑は、今回だけではなく、常にマスクをかぶって放送しています。

みどりぽ 目白編

そんなわけで今回は池袋から1駅の隣の山手線「目白駅」にやってきたぞ。

みどれぽ

ここが目白駅だ。東京都豊島区にある人口は12000人ほどの街である。目白一丁目から五丁目まであり、高級住宅地の一角でもあるのだという。

みどれぽ

俺が一歩町を歩くとみんな「うぎゃあ!おかしなマスクマンが歩いてるぞ!」と言わんばかりに振り返って俺を見てくる見てくる。

ここは高級住宅地だ。そして真面目な人達(大学生)が多い。

そんな場所なので、異質な男がノートPCを持ちながら画面に向かって話しかける状況はまるで美しい水に一滴の汚水を垂らすようなもの。大人たちには変な目で見られるわけだ。そして小学生には笑われる。

みどりぽ

小学生の帰宅組に笑われながらの街の徘徊はまさに罰ゲームそのものだ。

 

この『みどりぽ』という企画で下見やロケは一切行ってない。いきあたりばったりが旅の醍醐味であるし生放送らしさを十分生かすにはロケもなんもしないのが一番いいのだ。

途中で上記画像の薬屋さんに入り「どこかに美味しい食べ物はないですか?」と尋ねたら向かいにある「志村屋」が良いと親切に教えてくれたのでさっそくそこに買い物をしに行くことにした。

みどりぽ

この「志村屋」さんは、夏になるとかき氷を求め行列ができるほどの人気店だそうだ。

向かい側の道路を渡り「志村屋」に到着だ。

みどりぽ みどりぽ

最初は店員さんもマスクマンを見てびっくりし、奥からチラチラと覗き込んでいたが事情を説明したら安心してくれた。

お勧めの九十九もち(2つで280円)は無糖のきなこがいっぱいで甘く、餅の中に虎豆が入ってるというお茶にはぴったりのおやつだ。ぜひ目白に行ったら食ってみてくれ。

夏には、こんなかき氷が出てくるようで一度はかき氷マニアとしてはがっついてみたいほどの大きさである。

みどりぽ

(画像は「食べログ」の志村屋ページより引用)

1 2 3 4 5次のページ
横山緑の記事一覧をみる

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。