ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungが10.5インチAMOLEDタブレットを早ければ2014年Q1に発表するという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが早ければ来年1月にも10.5インチのAMOLEDパネルを搭載したタブレット端末を発表すると、韓国メディアのETNewsが業界関係者からの情報として伝えていました。同サイトの記事にはSamsungディスプレイの様々な事情が書かれているので、おそらくその方面からの情報と思われます。同サイトによると、Samsungは10.5インチタブレットをプレミアムモデルとして位置づけ、その発売を皮切りに、別にもAMOLEDパネルを搭載したタブレットを発売する計画とのことです。Samsungのタブレット製品にGalaxy SやGalaxy Noteといったフラッグシップ的なシリーズはありませんが、同サイトの情報元は、SamsungはAMOLEDパネルを搭載した機種をプレミアムモデルとして展開し、機種数で全体の約25%をプレミアムモデルとすることを計画しているそうです。それ以外の機種はエントリー~ミッドレンジの製品で液晶パネルが搭載される予定とされています。Samsungは2014年中に4機種のタブレットを発表すると噂されています。その一つが今回の10.5インチモデルと予想されます。来年1月はCES 2014の開催月なので、CESでの発表が濃厚です。Source : ETNews



(juggly.cn)記事関連リンク
Andorid版「PlayMemories Mobile」がv4.0.0にアップデートされクイックギャラリー機能が追加、QX10/QX100は2014年1月下旬にフルHD動画の撮影に対応
サンリオキャラクターのアニメ映像やパレード映像などを視聴できるサンリ公認の動画アプリ「ハローキティ&フレンズのMovie World」がリリース
中国 Meizuが2014年に米国スマートフォン市場に進出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP