ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“この階段のぼると何カロリー?” 階段昇降時の消費カロリーをネットワーク化した「StepJockey」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々の健康にどれくらい配慮できているだろうか。栄養バランスがよい食生活はもちろんのこと、運動をすることが必要だ。「頭ではわかっていても、なかなか運動ができない」と頭を悩ませている人には、特別に激しい運動をしなくても、通勤や買い物など日常の生活の中で、カロリーを消費できれば何も言うことはないだろう。スマートフォンアプリと現実の世界をシームレスにつなぎ、健康づくりに役立ててもらおうというプロジェクトが、イギリスでスタートしている。

イギリスの保健医療省(Department of Health)からの支援を受け、人々の健康に対する意識啓蒙を促し、健康づくりに役立てるために開発されたプラットフォームが「StepJockey」だ。ついエレベーターやエスカレーターを使って楽をしてしまうが、階段を上ったり降りたりするアクションは、心循環系のフィットネスにつながり、体重を減少させることにも貢献するとして、チームでは町の中にある階段に注目。階段を上ることは、ジョギングをするよりも1分間あたりのカロリー消費量は大きいという。そこで開発チームでは、駅や会社のビルなど、イギリス国内中にあるさまざまな階段情報をまとめるクラウドソーシングシステムを開始している。

ユーザーは消費カロリーを測定したい階段を見つけたら、iPhone向けの無料アプリを起動する。まず、アプリが現在の位置情報をチェックし、その情報を記録。階段を上ると測定が開始され、全部で何段あり、どれくらいのカロリーを消費するのか計測する。データはクラウド上に保存され、位置とカロリー情報がマップ上に記録される。測定結果はプリントしたり、ポスターにして、他ユーザーとシェアすることができるという。このポスターは、はQRコードとNFC(近距離無線通信)タグの機能をもっていて、階段のすぐそばに設置をすることで、他のユーザーがスキャンして、階段のカロリー情報を閲覧したり、カロリー消費の測定をおこなったりできる。

これまでの履歴をグラフで見たり、目標を設定して達成度を確認することも可能。このプラットフォームは行動科学の原理に基づき開発された。実験によると、“階段を上る”アクションへの動機づけをおこなうことで、最大29%も階段の利用が増加したという。無理なく毎日の生活の中で続けられる、健康促進アクションとして、あなたも階段を積極的に利用してみては。

StepJockey

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP