ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS Japan、ペン入力機能を搭載した6インチスマートフォン「Fonepad Note 6」を12月20日に国内発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS Japanは12月18日、スタイラスペンによる手書き入力機能を搭載した6インチAndroidスマートフォン「Fonepad Note 6(ME560CG)」の国内発売を発表しました。発売日は12月20日で、価格は49,800円です。Fonepad Note 6は、6インチ1,920×1,080ピクセルのSuper IPS+液晶とIntel Atom Z2580 2GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroidスマートフォンです。Galaxy Noteスマートフォンの対抗馬となり得る機種として発表時から海外で注目されていました。それが国内投入されます。Fonepad Note 6には、本体内部に収納可能なスタイラスペンによる手書き入力をサポートしています。前面にはステレオスピーカーを搭載し、Sonic Masterにも対応しています。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)を搭載。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカードも利用可能です(最大32GB)。カメラは背面に800万画素と前面に120万画素を搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v3.0+EDR、ワイヤレスディスプレイ(Miracast)、GSM/EDGE/GPRS、WCDMA/HSPA+ 42Mbps/5.76Mbpsに対応しています。筐体サイズは164.8 × 88.8 × 10.3mm、質量は210g。カラーはブラック1色です。Source : ASUS



(juggly.cn)記事関連リンク
ドコモスマートフォン24機種が韓国の電子マネー「モバイルcashbee」に対応、現地でNFC決済が可能に
SNKプレイモアが全Androidゲームを特別価格で販売する年末年始セールを実施中、KOF97や真サムスピが200円
CyanogenMod公式Nexus 5用スマートフォンケースが米国で発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。