ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ベルばら』を女子と語るカンペ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

池田理代子先生の漫画『ベルサイユのばら』。1972年から2年間にわたり漫画誌『週刊マーガレット』で連載され、宝塚歌劇団による同名ミュージカルも大ヒット。1970年代には一大ブームを巻き起こした超名作だ。

【画像や図表を見る】

今年4月、その40周年ぶりの“新作”が『マーガレット』誌上で発表! 10月には同誌に新作第2弾が掲載、続く第3弾も来年1月4日発売号に掲載予定だ。この新作発表にネット上でも「めっちゃ気になる!」「うわあああ! 単純に読みてえええ!」と、大きな反響が!

そこで、「人気なのは知ってるけど、どんな話なのかよく知らない…」という人に向けて、イチから解説しよう!

【設定】
物語の舞台は18世紀後半、フランス革命前後の激動の時代。登場人物の子ども時代からストーリーが始まり、フランス革命により王家が滅ぼされ、アントワネットが処刑されるまでが描かれる。

【最低限知っておきたい主なキャラクター】
〈女性キャラ〉
フランス王妃「マリー・アントワネット」と、王妃を護衛する軍人として、女性でありながら男のように育てられた“男装の麗人”「オスカル」。
〈男性キャラ〉
オスカルの幼なじみにして従者である平民の「アンドレ」、アントワネットと禁断の恋に落ちるスウェーデンの貴族「フェルゼン」。

【女子がときめくポイント その1】
『ベルばら』の魅力の一つは、彼らの切なすぎる恋愛模様。アントワネットは、18歳の時点でフェルゼンと恋に落ちるのだが、オスカルもまたフェルゼンを愛してしまう。そんなオスカルへの秘めたる思いを抱き続けるアンドレ…。

アントワネットとフェルゼンは愛人関係だし、オスカルは王妃の恋人を好きになっちゃってるし、平民のアンドレと貴族のオスカルは身分違いの恋だし…と、みんなしてツラい恋愛に身を焦がしてしまうのだ。

【女子がときめくポイント その2】
『ベルばら』を語るうえで忘れてはいけないのが、「オスカル」の魅力。男女問わず虜にする美貌はもちろん、剣の腕も一流で、アントワネットに助言をできるぐらいに聡明。言ってみれば男よりもカッコいい女性なのだ。

さらにフランス革命勃発時には、彼女はこれまで仕えてきた王家を裏切るという苦渋の決断をして、民衆とともに勇敢に戦う。ただ、ここまで気高くありながらも、彼女は恋に悩み、ピンチの時には男性に守られる“女”…。そんな彼女に女性読者は共感し、憧れ、強く惹き付けられてしまう。

フランス革命という歴史的大事件に、魅力的なキャラクターの人間ドラマを織り交ぜた『ベルばら』。そこには、ベルサイユ宮殿のきらびやかな世界の美しさだけではなく、「女性として強く生きたい」「こんなふうに情熱的に愛されたい」という女子の理想が詰まっている。

男性の皆さん、『ベルばら』を読めば女心がちょっぴりわかるようになる…かもですよ!
(オカモト犬助/short cut)
(R25編集部)

『ベルばら』を女子と語るカンペはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
人気電子コミックに見る女性の心理
L25世代も感動の『ドラえもん』
人気マンガ家のコラボ作品が面白い
「童貞専門コミック誌」がアツい!
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : エンタメ タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP