ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本各地の空に「地震雲」が出現?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月15日、ツイッターで「大地震が来る」という噂が拡散。「地震雲」というキーワードがHOTワードになるなど、地震に関するデマがネット上を飛び交っている。

【画像や図表を見る】

この地震予測のネタ元は、14日の夜にツイッター上に登場した「日本の地震リスク」なる資料。アメリカの研究者が「Quake Prediction」という自身のサイトに発表したと資料には、日本各地の地震リスクがパーセント表示されており、それによると、東京、名古屋、仙台、札幌といった100万人都市のほか、秋田、青森、福井、福島、茨城、松本、盛岡、新潟について、15日の地震リスクが「100%」と表記されている。

この情報が、NAVERまとめで「【やべえ】日本の地震を調べている海外サイト『今日15日に東京~青森のどこかでM7.5の地震がくる』」という記事にまとめられ、一気に拡散した。まとめのPVは9万件、ツイッターの引用数は4000件に達し、ツイッターユーザーからは、

「本当らしいですよ一」
「そういえば、今日大地震来るかもしれないって」
「こわ…なにも起きないといいけど」

といった反応が登場。さらにこうした情報が拡散したからか、15日から16日にかけては、

「今日地震雲出てたねー こわいねー」
「地震くるぞ 竜巻状地震雲出てるし(°_°) 震度3~5弱と推定するが」
「地震雲みたいだね(´・_・`) 今日の雲は変って言ってる人いっぱいいる。怖いね」

と、地震雲の目撃談が相次ぎ、「地震雲」は一時ツイッターのHOTワードに上昇した。

幸い、「リスク100%」の15日にも、地震雲目撃報告が相次いだ16日にも、大きな地震は起こらなかった。気象庁は地震予測や地震雲について、

「現在の科学技術では、時期・場所・地震の規模を特定した地震予知ができる可能性があるのは、唯一東海地震のみです」
「雲は大気の現象であり、地震は大地の現象で、両者は全く別の現象です」

との見解を示している。ツイッター上では、「鵜呑みにする気は無いが心構えだけはしておきたいな」「備えてそんはない」(原文ママ)という声もあがったが、“オオカミ少年”を生み出さないためにも、拡散する前にその情報の真偽を考えたいものだ。
(R25編集部)

日本各地の空に「地震雲」が出現?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
便利!地震の備えアプリの進化
当たってる? 天災予言を検証
過去最高来場者でコミケ雲が発生?
水不足解消? 人工降雨の仕組み
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP