ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

彼から必ず「うっとりされる」極上肌の秘密って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


年齢やタイプ、さらには性別など、全方面をカバーしたモテ女を目指すためには、異世代の分析や本音の意見を聞くことがとっても大切♪ でも、そんな機会、なかなかないですよね~。
少しでもそんなみなさんの参考になればと、新人ホステス・山根麻弥さんと、人生経験豊富なお姉さん・島みるをさんの交換日記女子会をお届けしちゃいます。

先週
の麻弥ちゃんの記事「離れた彼の心を取り戻すための秘技」とても参考になったわ。「もう一度、彼を振り向かせたい!」という切ない乙女心も持ちつつ、ちゃっかりほかの男性へも目をむける…これがかえって彼の狩猟本能をかきたてるのね。うん、やってみる(笑)!
さて、麻弥ちゃんからのお題「自分磨きの方法」。また「これをやっておけば間違いない!」って思うものについて。
まだ大丈夫…は危険!
もうかれこれ10年以上欠かさず行っていることがあります。それは「体中の保湿」。麻弥ちゃん、「まだピチピチお肌だし…」と放っておいてはダメ(笑)。体ってなにもしないと年々「乾いていく一方」なんだから!
とくに手の甲は、どんなに若くても「水仕事」をしているうちに、カサカサになってしまうでしょ。だから必ず、キッチンで水を触るときは、完全防備! ゴム手袋を欠かしたことはありません。
この時期だと、適温のお湯でお皿を洗ったりすると思うのだけど、まずこっくりしたテクスチャーのハンドクリームを塗り、その上からゴムの手袋をして洗うと、お湯で温められたゴム手袋内が「サウナ効果」になってクリーム浸透を促進、しっとりの手になっちゃうの。家事しながら美ハンドになるのだから、一石二鳥でしょ。
家中どこでも「ハンドクリーム」
家事だけに限らず、私たちって意外なほど「水」を触っているのよね。トイレのあと、顔を洗ったとき、当然、お風呂や手洗いなどなど。これらは家事とは異なりゴム手袋ができないから、水荒れの原因になるのです。仕事場でも紙資料などを触ると、手の水分はどんどん紙に奪われていきます。
そ・こ・で! 私はハンドクリームを家中の各コーナーに常備して、水を触ったらすぐにヌリヌリするようにしています。もうこれはほんと、どの部屋、どのコーナーにいっても「手をのばせばハンドクリーム」が置いてあるの。ついでに、乾燥が気になるひじやひざ、かかとなど、全身も度々ヌリヌリ。
全身ボディクリームを欠かさない
入浴後は当然のことながらボディクリームで全身を惜しみなくラッピング、そして1日中がんがんに加湿器をオンにして室内湿度を保ち、朝起きたらすぐに全身にまたクリームを塗りまくります。
これを10年以上続けているので、…自慢じゃないけど、いえ自慢なんだけど(笑)歴代彼からは、スキンシップのときには必ず絶賛されるお肌を保っています。
とにかく、女は中身は当然ながら、外見も潤い感は絶対に必要。私が毎日続けている「自分磨き」はこれくらいかな。今回は内面の話ではなくて申し訳ない!
では反対に同じ質問を麻弥ちゃんへ。麻弥ちゃんが欠かさず行っている「自分磨き」はある? 興味津々よ!
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
元彼とよりを戻したい!「別れたパターン」別3つの復縁方法
いつもすぐ飽きられる? 男性が求めるのは同調より「オリジナリティ」
軽い気持ちで言ったのに…男性が「バカにされた」と感じてしまうNGワード

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP