ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Kan Sano、新アルバム『2.0.1.1.』にベニー・シングスら参加

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


Kan Sano 『2.0.1.1.』ジャケット画像

 

キーボーディスト/トラックメイカーとして活躍するKan Sanoが、ニュー・アルバム『2.0.1.1.』を2014年2月5日にリリースする。

mabanuaバンドやOvallのサポート・キーボーディストを務めるほか、佐藤竹善、Chara、Twigy、COMA-CHI、TRI4TH、エリック・ラウ、ゲントウキ、羊毛とおはな、Hanahらのライヴやレコーディングに参加。松浦俊夫を中心としたブルーノートの75周年プロジェクト、HEXにも共同プロデューサーとして携わるなど、幅広い活動で注目を集めているKan Sano。今回のアルバムは、クラブ・シーンからジャズ、クラシック、ポップスといったフィールドまでをシームレスに渡り歩く彼らしい、あらゆるジャンルを採り込んだエヴァーグリーンなポップス作品に仕上がっているという。

本人による歌声はもちろん、オランダのベニー・シングスや、リード・トラック“Here and Now”に参加したMonday 満ちる、Jazzy Sport所属のMarter、ロン・カーターとの共演で話題となったMaya Hatch、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のディレクションによるカヴァー・アルバム『my favorite things』を発表したばかりの長谷川健一など、多彩なゲスト・シンガーがヴォーカルを取っている点も聴きどころと言えそう。到着を楽しみに待とう。

 

〈Kan Sano 『2.0.1.1.』収録曲〉
1. Endless River
2. Go Nowhere feat. Benny Sings
3. Here and Now feat. Monday Michiru
4. Song Bird
5. Long Walk
6. Come Closer
7. Above Love feat. Maya Hatch
8. Tenderness
9. Fly Me to Your Heart
10. 地球へ feat. Marter
11. みらいのことば feat. 長谷川健一

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP