ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頓智ドット、「セカイカメラ」を来年1月22日をもって提供終了

DATE:
  • ガジェット通信を≫

頓智ドットは12月17日、ARアプリの先駆け的存在だった同社の「セカイカメラ」の提供を2014年1月22日をもって終了すると発表しました。まさにセカイの終わりです。サービス終了の明確な理由は明らかにされていませんが、同社は発表文の中で、位置情報のキュレーションサービス「tab」をセカイカメラの進化版と位置づけており、今後、それに注力していくとしています。開発リソースをtabに集中させるために今は放置状態と言えるセカイカメラを終了させるのでしょう。サービス終了後、過去に投稿したエアタグのデータは削除されますが、KMLファイルの形式でエクスポートできるWEBサイト(http://sekaicamera.com/the_end_of_sekai)が公開されているので、必要であればユーザー自身でダウンロードできます。エクスポートファイルはGoogle EarthなどのKMLのインポートに対応したソフト・サービスで活用できます。Source : 頓智ドット



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazon独自のスマートフォン第1弾は2014年上半期中に発売か?複数のカメラを用いてFloating Touch機能を実現しているらしい
NTTドコモ、 「ドコモ ドライブネットインフォ」の提供開始、新アクセサリーも発売
KDDI、「INFOBAR A02」に不具合解消のアップデートを提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP