ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「DIGNO ISW11K」のソフトウェアアップデートを開始、海外で通話中に再起動する問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDIは12月17日、京セラ製Androidスマートフォン「DIGNO ISW11K」のソフトウェアアップデートを提供開始しました。今回のアップデートでは、WiMAX通信を起動した時にその案内が表示されるようになる変更と、グローバルパスポートGSMで通話中に、端末が再起動してしまう事象の改善が行われています。更新ファイルはネットワーク経由(Wi-Fi、3Gパケット通信、WiMAX)で配信されており、ISW11Kの設定画面を表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」から即時アップデートを実施できます。アップデートにかかる時間は最大20分となっています。アップデート後のソフトウェアビルドは「146.0.0002」です。Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
Androidスマートフォン・iPhoneをトリプルSIM化するアダプタ製品がeBayで売られています。価格はわずか$6
Xperia Z1 SO-01Fのホワイトバランス調節機能が海外版Xperia Z1に移植される
Samsung端末のリージョンロック、韓国では現地のサービスセンターに持ち込めば有償でアンロックしてくれるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP