ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OPPOが同社の次期フラッグシップ「Find 7」で2Kディスプレイの採用を認める

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国のスマートフォンメーカー OPPOが、今後発売予定の新型スマートフォン「OPPO Find 7」で2Kディスプレイを採用することを明らかにしました。OPPO Find 7は2012年末に発売された「OPPO Find 5」の後継機種で、同社の次期フラッグシップモデルになる見込みです。2Kディスプレイとは、解像度2,560×1,440ピクセルのことで、スマートフォンのハイエンドモデルでは現在主流の1,920×1,080ピクセル(フルHD)よりも高精細になります。来年メーカー各社から発売されるハイエンドモデルのディスプレイは2K解像度が主流になると予想されています。その他の情報はまだ公開されていませんが、2K解像度で画像を描画するために高速なプロセッサとRAMを採用した、今よりも高性能なスペックで投入されると予想されます。Source : Weibo



(juggly.cn)記事関連リンク
Moto Gユーザーのみなさん、Googleドライブの50GB追加容量キャンペーンを利用しました?適用期間は端末をアクティブ後1か月間だけです
ずっと携帯番号のままだった「docomo ID」をメールアドレスなどに変更する方法
Androidスマートフォン・iPhoneをトリプルSIM化するアダプタ製品がeBayで売られています。価格はわずか$6

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP