ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元OPPO幹部がスマートフォン開発のベンチャー企業「OnePlus」を設立

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国の人気スマートフォンメーカー OPPO Mobileを先日退職した元OPPO幹部のPete Lau氏が「OnePlus」と呼ばれるスマートフォン開発のベンチャー企業を立ち上げたことを同氏のGoogle+アカウントを通じて発表しました。OnePlusの公式サイトは既にオープンしていますが、製品情報などの詳細は公開されていません。今はOnePlusの方針とフォーラムへのリンクが掲載・設置されているだけで、単なるティザーサイトのような状態となっています。公式サイトに掲載されている説明文を読むとOnePlusの方針がわかります。企業がスマートフォンラインアップを決めるのにあたり、市場のニーズや製造コスト、自社の利益を考慮することはごく当然のことだと思いますが、OnePlusはそのような企業方針とは正反対の方針、つまり、製品ありきで開発を進め、コストや利益などのことはその次に検討するという、経営のことを考えると無謀な挑戦とも思えることを実行しようとしています。Lau氏とCyanogenのSteve Kondik氏はOPPO時代のパートナーシップ以降、その親密さが度々報じられています。Kondik氏はSnapdragon 800 MSM8974ACプロセッサを搭載した新たなCyangenoMdoスマートフォンをとあるパートナーと開発していると自身のWeiboページで述べていましたが、その製品はOnePlusによって開発されたものである可能性もあります。Source : OnePlusGoogle+



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Dropbox」がv2.3.12にアップデート、共有フォルダの作成/管理やGoogle Play決済に対応
NTTドコモ、スマートフォン・タブレット向けの旅行商品販売サービス「dトラベル」を提供開始
1shopmobile.comでLG G Flex(LG-D958)の販売が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP