ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンストが「シアータイツ」と名前を変えて若者に人気再燃

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東京・原宿。あれ? 街行く若い女子の足が、なんだか懐かしい雰囲気…肌色や黒の“パンスト”!? 聞けば、「やだ、“シアータイツ”ですよ。ナマ足よりきれいに見えるから、毎日はいてます」(10代女子)とのこと。

 ファッション誌では「シアータイツ」や「透けタイツ」、「ホーザリー」など、呼び名もオシャレに変化したパンティーストッキング。ナマ足ブームで“ダサい”代名詞だったのに…。ファッションジャーナリストの宮田理江さんはこう語る。

「2~3年前から流行し始め、人気が定着しつつあります。10代、20代の、パンストとは無縁だった世代が主役です」

 パンストの生産量は、バブル絶頂期の1989年には10億8380万足とピークを迎えたが、バブル崩壊後、景気低迷とナマ足ブームにより、2012年には1億1067万足と約10分の1に(日本靴下工業組合連合会調べ)。

 だが2011年にアツギが無地パンストの新ブランド『アスティーグ』を発表。着圧、オープントゥ、素肌感、オールスルー(切り替えなし)など、11種類の商品ラインナップが幅広い層に受け入れられ、「売り上げは3年連続前年同月比2桁の伸び」(アツギ広報)とヒットしている。

「若年層にはレギンスに代わるアイテムとして人気なので、はいているとひと目でわかるタイプが主流。“足にも気を配っている感”がポイントです」(宮田さん)

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
とよた真帆 ヒップラインを強調するタイトスカート姿は流石
20代女子2人と不倫する64歳「レギンスはアタックに値する」
フジ山崎夕貴アナ 寒さの中でも見せてくれたスレンダー美脚

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP