ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Moto Gの日本語への対応状況を紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そこそこのスペックを持ちながらもかなり安いのが魅力的なMotorolaの新型スマートフォン「Moto G」。そのコストパフォーマンスの高さに購入を検討さされている方も多いのではないでしょうか。ただ、海外スマートフォンなので、操作性にかかわる日本語への対応が気になりますよね。先日、Moto Gを入手したので日本語への対応状況をこの記事で紹介します。海外で販売されているMotorola端末は基本的にどれも「言語とキーボード」→「言語」に「日本語」の選択肢はありません。Moto Gも同じで、標準機能を使って日本語化することはできませんが、Google Playストアで配布されているロケールカスタマイズアプリ「More Locale 2」をインストールし、ロケール設定を手動で「日本語」に変更してやれば、全部とまではいきませんが、少なくともGoogle Playストアで配信されている日本向けアプリや日本語対応アプリは、そのUIが全て国内キャリア端末と同じように日本語で表示されるようになります。More Locale 2で「日本語」に設定した後のGoogle PlayストアやChromeなどの日本語対応アプリの表示内容しかし、Moto GはNexusスマートフォンや海外版Xperia・Galaxyのようにシステムレベルで日本語に対応していないため、More Locale 2でロケールを日本語に設定したとしても、非対応の部分、例えば、Androidの設定メニューの文字、プリインストールアプリの一部(ギャラリーや電話アプリなど)、強制終了発生時のポップアップ、ステータスバーに表示されるシステムメッセージなど、一部の文字は日本語ではなく英語のまま表示されてしまいます。More Locale 2を利用してロケールを日本語化する方法は次の記事で紹介しています(手順は同じです)。Galaxy S 4グローバル版を日本語化する方法



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4.1 / 4.4.2をサポートした「MX動画プレイヤー」のテストビルドが公開
Galaxy S III LTE(GT-I9305)用の公式Android 4.3ファームウェアが公開
Xperia Z1の改良版? 未発表のXperiaスマートフォンの実物写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP