ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Google Cast SDKの正式リリースとChromecastのグローバル展開を2014年に計画、家電メーカーとの提携も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleは同社のテレビ用HDMIドングル「Chromecast」の販売国を来年拡大する計画のようです。Googleのプロダクトマネージメント担当副社長を務めるMario Queiroz氏が米国のWEBサイト Gigaomからのインタビューでその計画を明らかにしました。今のところ、Chromecastの正規販売は米国と英国でしか行われていませんが、Queiroz氏の話によると、Googleは2014年にGoogle Cast SDKの正式版をリリースし、それと同時にChromecastを世界の多くの国で発売する計画です。さらに、Googleは家電メーカーと提携して、パートナーが自社の製品にCast機能(Chromecastに出力する操作のこと)を実装できるようにしていくことも明らかにしたとのことです。スマートフォン・タブレットとテレビ間のメディアストリーミング機能の業界標準を確立しようとしているみたいですね。Queiroz氏は2014年のいつごろに正式版をリリースするのか、その予定は明言しなかったそうですが、既にリリースに向けた準備を進めていることを明らかにしました。今のところ、ChromecastへのストリーミングはGoogleより承認を受けた対応アプリでしか行えず、最近対応アプリは拡充されたものの、その数は数えるほどしかありません。しかし、Qeeiroz氏はSDKの正式リリースに合わせて数多くの対応アプリがリリースされる見込みであることも示唆しました。Source : Gigaom



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S III LTE(GT-I9305)用の公式Android 4.3ファームウェアが公開
Xperia Z1の改良版? 未発表のXperiaスマートフォンの実物写真が流出
Sprint版「LG G Flex」のプレス画像が流出、Sprint Sparkにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。