ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イオンシネマで過去の名作映画が見放題 価格は1ヶ月1200円!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


画像はイオンシネマのWebサイトより
郊外型のショッピングモールなどに併設された、複数スクリーンを持つシネマコンプレックスと呼ばれる映画館。その最大手でもあるイオンシネマを運営するイオンエンターテイメントが、平日に限り過去の名作を映画を定額で見放題とするサービスを発表した。

1ヶ月1200円で過去作が見放題

サービスが展開されるのは、2014年4月から。イオンエンターテイメントが運営する全国60の上映館にて、過去にアカデミー賞を受賞したものなどから選ばれた48作品を、週替りで上映する。気になる料金は、1ヶ月見放題のパスが1200円。年間パスが9800円とのことだ。

映画ファンからは「すばらしい企画だ!」という賞賛の声もあれば、「シネコンで旧作を観たいっていう需要なんてないんじゃ……」という疑問もあがっている。

多様化する映画需要に答えられるか

国内でシネマコンプレックスが台頭しはじめたのは、1990年代あたりから。いわゆる郊外型の巨大ショッピングモール内に、テナントとして映画館が設けられたのがはじまりだと言われている。そのため上映作品は映画ファンに向けたものというより、幅広い年齢層が楽しめる作品、逆に言えばどの映画館でも観ることのできる作品が支配的だった。

今回のサービス展開の裏には、過去の名作を上映する名画座が少なくなっていることが挙げられる。古い作品をスクリーンで観ることができるのはよい機会だが、HuluなどWeb上で様々な作品を観ることのできる配信サービスのユーザーも増えている今、果たしてどのような反響を得られるだろうか。引き続き注目したい。

関連記事

世界が愛した映画監督・小津安二郎生誕110周年 全作品を無料配信
「寄生獣」実写映画化、TVアニメ化 映画は2014年12月&2015年公開の2部作 監督:山崎貴
ハチロク世代女子映画プロデューサーの、カンヌ映画祭滞在記☆ vol.1

関連リンク

イオンシネマ
イオンエンターテイメント

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP