ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米国4位のSprintが3位のT-Mobile USAの買収を検討、WSJが報じる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国第4位の携帯キャリア Sprintが、米国第3位のT-Mobile USAの買収を検討しているという情報をWSJが報じました。Sprintは今年10月にソフトバンクの傘下に入った米国の携帯キャリアです。そのため、Sprintの動きにはソフトバンクが大いに絡んでいるものと考えられます。WSJによると、Sprintは現在、T-Mobile買収にかかわる当局の規制事項を確認している最中で、まだT-Mobileの親会社となるドイツテレコムとの合意に至った事実はなく、買収の決定すらまだ行われていないとのこと。SprintがT-Mobileの買収に成功すれば、加入者数は1億人を超えて現在第2位のAT&Tを上回ることになります。現在、1位のVerizon Wirelessと2位のAT&T、3位のT-Mobileと4位のSprintの間には大きな開きがありますが、買収が成功してT-MobileがSprintの傘下に入れば米国の携帯市場はVerizon、AT&T、Sprint&T-Mobileの3大勢力となります。WSJによると、米国でも主流のポストペイド型プランへの加入者数で比較すると、Verizonは9,500万人、AT&Tは7,200万人。もし、SprintとT-Mobileが合併しても5,300万人と順位に変動はありません。Source : WSJ



(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Google Cast SDKの正式リリースとChromecastのグローバル展開を2014年に計画、家電メーカーとの提携も
イオシス、iPhone 5c風のAndroidスマートフォン「ioPhone 5色」を12月20日に発売、全カラー分のカバーが同梱
Windows Phone 8.1ではオンスクリーンボタンをサポート?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。