ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高精細IGZO液晶+Tegra 4搭載10.1インチタブレット「BungBungame KALOS」が本日発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

台湾 BungBungame(バンバンゲーム)のIGZO搭載10.1インチタブレット「KALOS」が本日ついに発売されました。KAOKSは、10.1インチ2,560×1,600ピクセルと高解像度で低消費電力なIGZO液晶、NVIDIAの最新モバイルプロセッサ「Tegra 4」、さらに、タブレットでは珍しくSonyの裏面照射型CMOS「Exmor R」の1,300万画素カメラ(HDR対応)を搭載したハイスペックタブレット。価格は45,800円とスペックからすればお買得感の高い製品です。現在はAmazon.co.jpを含むネットショップで購入できます。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、Google Playストアにも対応。筐体サイズは262 x 183 x 8.9mm、質量は590g。本体には2つのスピーカーが搭載されており、音をステレオで聴くことができます。バッテリー容量は9,000mAh。RAM容量は2GB(DDR3)、内蔵ストレージの容量は16GB。センサー系は加速度センサー、ジャイロ、デジタルコンパス、ライトセンサー、GPSを搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Miracast、NFC(Google Wallet対応)、Bluetooth v4.0/LEに対応しています。Source : Amazon.co.jp



(juggly.cn)記事関連リンク
LGエストニア法人がOptimus GのAndroid 4.4アップデート実施決定を撤回、LTE対応化アップデートと混同した模様
Googleマップナビが欧州、アジア、中米、アフリカの25か国で利用可能に
LumigonはHDディスプレイとSnapdragon S4 Proを搭載した「Lumigon T2 HD」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP