ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時間帯や利用シーンに応じてアプリが変化するAndroid向けロック画面アプリ「Cover」がGoogle Playストアで配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年10月下旬にこちらの記事で紹介した時間帯や利用シーンに応じて異なるロック画面を提供する「Cover」がGoogle Playストアにリリースされました。現在はベータ版ということで、アプリは無料で配信されていますが、日本のGoogle Playストアではダウンロードできません。CoverはAndroidスマートフォンのロック画面を提供するアプリなのですが、Androidアプリをスワイプ操作で起動するホームアプリの要素と、時間帯や利用場所に応じてアプリ・壁紙のセットを切り替えるパーソナライズ機能を持ったこれまでにないアプリです。Coverでは、時間帯と位置情報によりユーザーのアプリ利用状況を学習し、自宅、外出中、自動車に乗車中、勤務中のシーンに応じてロック画面のアプリを自動的に入れ替えます。ロック画面上のアプリはタップしたまま右側にスライドさせるとダイレクトに起動。画面右上から下にスライドさせるとアプリ一覧が表示。画面を上下にスワイプすると別のアプリ(上位4つ以外)が表示されます。リリース版はパターンロックやPIN認証などのセキュリティ機能がなく、紛失時に問題が発生する可能性があります。「Cover」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
LGエストニア法人がOptimus GのAndroid 4.4アップデート実施決定を撤回、LTE対応化アップデートと混同した模様
Googleマップナビが欧州、アジア、中米、アフリカの25か国で利用可能に
LumigonはHDディスプレイとSnapdragon S4 Proを搭載した「Lumigon T2 HD」を開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。