体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「目覚ましでも朝起きれない」そんな人に朗報! 誰でも起きることができる目覚まし時計

誰でも起きることができる目覚まし時計

目覚まし時計をセットしても(スヌーズ機能を使っても)知らぬ間に二度寝してしまう。どうしても起きれない。そんな皆さんに朗報をお伝えしたい。必ず起きれるユニークな目覚まし時計をご紹介!

本来、目覚まし時計は大きな音によって人の目を覚まさせるのだが、今から紹介する動画で紹介されている目覚まし時計は、ベッドそのものがピョンピョン跳ね、寝ている人を起こすという仕組みなのである。これならさすがに目が覚めるだろう。まるで早朝寝起きドッキリのような仕掛けの目覚まし時計。

とはいえ、このような大がかりな目覚まし時計でも慣れてしまえばそのまま寝ている可能性もあるかも。実際記者は目覚まし時計を2個使っているが起きれない日もあるとかないとか。

最近では朝快適に起きれるように『レム睡眠時計』なるものが売られている。起きる時間の数十分前の一番目覚めの良い時間を探して起こしてくれるとか。そこそこ高価なので手が出ないという人は『iPhone』のアプリに『Sleep Cycle alarm clock』という似たようなのがあるのでそちらを使ってみてはいかが? 記者もそれを使っているが快適に起きることができる。

上記の様な派手な早朝目覚ましパフォーマンスは不要ということだ。 腹筋は鍛えられそうだが。

誰でも起きることができる目覚まし時計の動画(YouTube)

■最近の注目記事
懐かしの『ファミリーベーシック』でWindowsが起動した!
ビックカメラが『クソゲー・オブ・ザ・イヤー』特設サイトをオープン!
火の用心のポスターにあの兄貴ビリー・ヘリントンが!
『Bad Apple!!』影絵アニメーションを囲碁で再現した凄い動画! 謎の努力か?
『ラブプラス』バレンタイン企画のARカードとポッキーが早くもヤフオクに出品される!

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。