ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SamsungがGalaxy Note 3 LCD版/廉価版の量産を開始したとの報道

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungが噂のGalaxy Note 3のLCD版/廉価版の量産に入ったと韓国メディアのETNewsが業界関係者からの情報として伝えています。Samsungが廉価版を出す理由については、新興市場でのGalaxy Note 3の販売数増加を狙ったものと説明されています。同サイトによると、画面サイズは既存のGlaaxy Note 3と同じ5.7インチですが、表示モジュールがAMOLEDからLCDに変わり、デジタイザの仕様もコスト削減のために変更。また、タッチパネルはインセル型ではなく従来型。通常版にはリアカメラは1,300万画素の撮像素子が使われていますが、廉価版では800万画素に変わっているそうです。Samsungは廉価版の量産を今月から行っており、最初の月は50万台が生産される見込みです。当初は100~150万台を予定していたそうなのですが、廉価版の発売によってGalaxy Note 3のブランドイメージの低下を招く可能性があり、全体の販売台数が減少することを懸念し、50万台規模に減らしたと伝えられています。肝心なGalaxy Note 3廉価版の発売時期は伝えられていませんでしたが、量産が開始されたのであれば年内に発表される可能性もあります。SamsungにとってGalaxy S II以来となるフラッグシップスマートフォンの‟廉価版”。その発売によって全体の売れ行きがどうなるのか注目されるところです。Source : ETNews



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Google+」がv4.2.4にアップデート、「おまかせビジュアル」に雪の舞う演出を加えた作品を作成できる機能などが追加
Android版「Googleマップ」がv7.5にアップデート、Gmailと連携して予約情報をプレイスページに表示
Sony Mobileの最新NFC対応製品、それは「NFC対応のクリスマスツリー」

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP