ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恋人にイラッとした時の対処法は?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


 彼氏彼女の関係であっても、一緒にいるとつい、イラッとしてしまう出来事があります。
 「怒り」というのはやっかいなもので、自分の中に溜め込んでしまうと目の前のことに集中できなくなりますし、かといって感情のままに怒鳴り散らせば相手との関係が壊れてしまうかもしれません。相手にどんな対応をするにしても、「怒り」はひとまず自分のなかで処理する必要があるのです。
 その方法を教えてくれるのが『たった2分で、怒りを乗り越える本。』(千田琢哉/著、学研パブリッシング/刊)です。そこでは、恋人や友達、家族などとの間にありがちなケースごとに、「怒り」からの気持ちの切り替え方や取るべき対応がつづられています。
 たとえば、恋愛でありがちな「怒り」には、こんな発想の転換をするといいようです。 

■相手に嘘をつかれた
 たとえば、付き合っている彼女が職業を偽って風俗で働いていたなど、信じていた相手に嘘をつかれていたことがわかったら、怒りを感じるはずです。
 たとえどんな種類のものであれ、恋人に嘘をつかれたらいい気持ちはしませんよね。
 もちろん、嘘をついて相手を騙そうとするのは悪いことなのですが、嘘をつかない人間などどこにもいませんし、本当に愛し合っている二人の間の嘘は、「相手に嫌われたくない」という気持ちから出ることも多いものです。
 「嘘=絶対いけないこと」という固定観念をはずし、「私に嫌われたくなかったんだな」と考えてみれば、怒りは愛しさに変わるのではないでしょうか。

■相手が自分の気持ちをわかってくれない
 「どうしてわかってくれないの?」
 「そっちこそ俺のことを何もわかってくれないじゃないか」
 長く付き合っている二人によくある衝突です。相手が自分のことを理解しようとしてくれない腹立たしさからこんなやりとりになりがちですが、これは「相手に自分を理解してもらおう」という考え方が原因です。
 この考え方でいると、相手からも同じように「自分をわかってほしい」と要求されるようになってしまい、結果として双方とも、いつまでも「自分をわかってくれない」とストレスを溜め続けることになります。
 それよりも、「自分を理解してほしい」ではなく「相手を理解してあげよう」と、あなたのほうで頭を切り替えてみてはどうでしょうか。
 あなたの態度の変化に、相手は最初、キョトンとするかもしれません。けれどもその後で、同じようにあなたを理解しようという気持ちが芽生え、互いが互いをより深く理解しようとするいい連鎖が生まれるはずです。

■恋人に浮気をされたら…
 恋人への怒りといえば、なんといっても「浮気」です。これをされた時の怒りはおそらくどんなものよりも大きいはずで、ほとんどの人はその怒りにまかせて相手を罵ってしまうのではないでしょうか。
 しかし、さっさと別れるならまだしも、本当は別れるのが嫌で、相手に戻ってきてほしいと思うなら、怒りの爆発はやめておきましょう。
 「浮気」とは、大切な人に認めてもらえないから、自分を認めてくれる別の人を探すこと。だから、相手に戻ってきてほしいのであれば、“急がば回れ”です。出会った時のことを思い出して、相手を認め、その存在に感謝してみましょう。
 「生まれてきてくれて、ありがとう」
 浮気をされて怒っているときほど、こんなふうに心の中で感謝の言葉を唱え、相手に穏やかに接してみる。あなたの表情や振る舞いを通して、気持ちはきっと伝わるはずです。

 理不尽なことや不愉快なことに怒るのは人間として自然なことですが、それをコントロールする術を身につけておけば、余計なストレスを抱え込むことがなくなります。
 本書で明かされている「発想の転換」は、自分の心を守るために、怒りによって対人関係を壊さないために、誰もが身につけておくべきなのかもしれません。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
職場での怒りやイライラ、とっさの対処法
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
「あいつよりましだ」は思考停止のはじまり

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP