ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

LUNA SEAメンバーがタワー渋谷店をサプライズ訪問! 新アルバム『A WILL』発売記念企画に登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

LUNA SEAのメンバーであるRYUICHI、INORAN、Jが、オリジナル作としては実に13年5か月ぶりのニュー・アルバム『A WILL』の発売日にあたる昨日12月11日、タワーレコード渋谷店をサプライズで訪問しました!

渋谷店では、8Fの〈SpaceHACHIKAI〉にて『A WILL』のリリースを記念した企画〈LUNA SEA × TOWER RECORDS presents A WILL〉を開催中。メンバーの来訪は完全なサプライズとして実現したもので、3人が会場に姿を現すと、偶然居合わせたファンからは歓声とも悲鳴ともつかない声が沸き起こりました!

 

 

3人は展示されている自分たちの使用機材や写真を興味深そうに見学したのち、会場に設置されている特大写真に全員でサイン。『A WILL』をリリースした心境を訊かれたメンバーは、「アルバムをこうして皆に届けられる日が来るというのは、不思議で新鮮で驚きに満ちています」(RYUICHI)、「13年ぶりにニュー・アルバムを出せること自体、ここまで支えてくれたファンの方々に感謝です」(INORAN)、「最高ですね。思いはアルバムのなかに全部詰まっているので、ぜひ聴いてもらえればなと思います」(J)と、それぞれ喜びの気持ちを語ってくれました!

 

 


LUNA SEA 『A WILL』通常盤ジャケット画像

2000年7月12日に発表された『LUNACY』以来のオリジナル・アルバムとなる『A WILL』は、初の日本語タイトル・シングル曲として話題を呼んだ“乱”や、“Thoughts”“The End of the Dream”“Rouge”などのシングル・ナンバーを含む全11曲を収録。第2期LUNA SEAの覚醒を告げるかのように鳴り響く壮大なロック・ナンバー“Anthem of Light”で幕を開け、彼ら特有のプログレッシヴでハードな面とキャッチーで普遍的な面とが混在する、音楽的振り幅の広い作品に仕上がっています。この日、RYUICHIが「すごく時間をかけて煮詰めて煮詰めて作った作品で、僕らにとっては分身のようなもの」と語った本作、13年5か月という月日をまったく感じさせない、体温を持ったバンド・サウンドが凝縮されている、まさに珠玉の作品と呼ぶに相応しい1枚です!

また、LUNA SEAは2014年5月29日(木)に25周年記念ライヴを東京・国立代々木競技場第一体育館にて開催することを発表したばかり。「たくさん新しい世界を皆と一緒に見ていけたらいいなと思っているので、ぜひ楽しみにしていて下さい」(RYUICHI)というコメントの通り、新たな姿を見せる〈第2期LUNA SEA〉から、ますます目が離せなくなりそうです!

なお、タワー渋谷店の〈LUNA SEA × TOWER RECORDS presents A WILL〉は12月23日(月・祝)まで開催。前述したメンバーの使用機材や写真、ポスター、ファンクラブ〈SLAVE〉の会報の展示、会場限定グッズやCD/DVDの販売に加え、PVやライヴ映像の上映会も実施します。詳細はファンは〈タワレコ渋谷店ブログ〉にてチェックをどうぞ!

 

〈LUNA SEA × TOWER RECORDS presents A WILL〉
開催期間:12月5日(木)~12月23日(月・祝)11:00~21:00
開催場所:タワーレコード渋谷店8F〈SpaceHACHIKAI〉
入場料:500円(税込) ※小学生以下無料
内容:
・『A WILL』レコーディングやライヴでメンバーが実際に使用した楽器展示
・『A WILL』ジャケット撮影/ミュージック・ビデオ撮影時のオフショットパネル展示
・ミュージック・ビデオ/ライヴ映像上映(週末特別プログラムあり)
・FC〈SLAVE〉会報、過去ポスター展示 など
販売:
・【会場限定】オリジナル長袖Tシャツ
・【会場限定】トートバッグ
・アルバム『A WILL』を中心としたCD/DVD
※会場限定オリジナル長袖Tシャツおよびトートバッグは数に限りがありますので無くなり次第終了となります。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。