ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題のユニット、GARNiDELiAがアニメ「キルラキル」新OP曲でメジャー進出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


GARNiDELiA

 

女性ヴォーカリストのメイリアとコンポーザーのtokuによるユニット、GARNiDELiA (ガルニデリア)が、2014年初春にソニー・ミュージックエンタテインメントのレーベルであるDefSTARからデビューすることがあきらかとなった。

 


「キルラキル」メイン・ヴィジュアル
(C)TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会

 

メイリアは動画共有サイトでその歌声やダンスに注目が集まり、じん(自然の敵P)などのライヴのゲスト・ヴォーカルも務める歌い手。一方のtokuは、LiSAやアンジェラ・アキ、アンティック-珈琲店-らさまざまなアーティストの楽曲アレンジ/サウンド・プロデュースを手掛けたことで知られている。そんなふたりが2010年に出会って結成し、2012年には海外のライヴ・イヴェントにも出演するなど活躍の場を広げてきたGARNiDELiAが、いよいよメジャーに進出することとなった。

彼らのメジャー・デビュー曲“ambiguous(アンビギアス)”は、〈曖昧な〉〈不確かな〉という意味のタイトルを持った楽曲で、MBSやTBSにてオンエアされているTVアニメ「キルラキル」の新オープニング・テーマに起用されることも決定。「キルラキル」は監督の今石洋之やシリーズ構成/脚本の中島かずきら「天元突破グレンラガン」のスタッフによるオリジナル作品として人気を博しており、“ambiguous”およびGARNiDELiAも話題となることは間違いなさそう。オンエアの開始日やリリース情報などの続報を楽しみにしておこう。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP