ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Galaxy S 4 SC-04E」のGalaxy Gear対応化アップデートを配信開始、OSバージョンアップは行われず

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

NTTドコモは12月12日、Samsung製Androidスマートフォン「Galaxy S 4 SC-04E」のソフトウェアアップデートの提供開始を発表しました。今回のアップデートで、SC-04EはSamsung製スマートウォッチ「Galaxy Gear」の対応機種になり、Galaxy Gearとの連携が可能になります。(海外では、Galaxy Gear対応化アップデートはAndroid 4.3アップデートと一緒に実施されているのですが、ドコモ版ではOSのバージョンアップは行われていません)。Galaxy Gearでは、スマートフォンの通知を転送したり、リストバンドに内蔵されているカメラで撮影した写真や録音機能で作成したボイスメモをスマートフォンに転送したり、Sボイス機能で音声操作を実行することなどができます。このほか、ギャラリーアプリで画像を閲覧すると、稀にSC-04Eがフリーズしてギャラリーアプリが強制終了する問題も改善されます。アップデート方法は、端末単体で行う方法とパソコン接続で行う方法の2通り。端末単体で行う場合、SC-04Eの設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェア」から手動で実施します。パソコン接続で行う方法では、「Samsung Kies」を利用します。アップデートにかかる時間は約12分、アップデート後のソフトウェアビルドは「JDQ39.SC04EOMUAML2」です。更新:SC-04Eユーザーさんからの情報によると、更新ボタンを押すとAndroid 4.3アップデートが明日13日より開始されると表示されたそうです。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
LG、韓国向けに「LG Gx」を開発
Sony、Androidウォークマン「F880シリーズ」のソフトウェアアップデートを開始、DSEE HX機能やトラック検索機能などを追加
米Sonyがスマートフォン・タブレットに対応したMicro USB/標準USBコネクタ内蔵のUSBメモリを発表、Xperia Z/Z1のカラバリを採用

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。