体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleタイトルが死亡したグルジア選手の追悼デザインに? 不謹慎との声も

google5

サーチエンジン『Google』のタイトル画像が「意味深」だとインターネットで話題になっている。

バンクーバーオリンピックのリュージュ競技練習中に事故死したグルジア選手のニュースは皆さんもご存じの通り。なんと『Google』のタイトル画像が亡くなったグルジア選手をイメージさせるデザインになっているというのだ。

つい数時間前まで聖火をモチーフとしたタイトル画像になっていたはず。そのはずがすぐに画像が変更。『Google』のタイトル画像がリュージュのデザインになっているのである。

それゆえグルジア選手を追悼するデザインなのではないかと噂されているのだ。

『2ちゃんねる』では「不謹慎だ」という声も上がっている。「追悼と言っていいのか不謹慎なのかわからない」という声も多いようだ。以下は『2ちゃんねる』での声だ。

・どう考えてもグルジア選手を意識したつくり
・種目別で日替わり表示にするために画像用意してあっただけだろ
・google様の皮肉はえげつないな
・これはグルジア選手が訴えてもいいレベル
・日程で初日リュージュだからリュージュの画像用意してあっただけだ
・追悼するなら背景色も黒にすべき
・これはご冥福なのか不謹慎なのか悩むところだな
・いやこれはグーグルvsグルジアの戦争が始まるぞ
・Googleさん狙いすぎだろ
・おい、これは不謹慎すぎるだろ。白い布で目も隠してるし、完全に確信犯
・不謹慎、不謹慎うるさい奴増えたよな
・お前らが一番不謹慎だろ

「事故死なんてまったく関係なくオリンピック期間中にグーグルのトップが開催種目にあわせるようにはじめから用意されてたイラストってだけ」という声もあるが真相は不明である。

■最近の注目記事
苺ホワイトチョコレート餃子を作ってみよう
チョコレートたっぷりチョコレートラーメンを食べてみた
チョコレートを使ったハンバーグが女性に大人気
サラマンダーを食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。