体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットで噂の史上最強エクササイズ『海上自衛隊体操』取材してきた

インターネットを徘徊していたある日。ちょっとした噂を目にしました。

どんな流行エクササイズより『海上自衛隊体操』に勝るものなし――

【関連:海上自衛隊「砕氷艦しらせ」にのってきたよ!~航海科の優れた腕を見た体験航海】

海上自衛隊 第3術科学校 学生隊 第21分隊の皆さん

インターネットの口コミによると、どうもエクササイズの一つとして海上自衛隊伝統の『海上自衛隊体操』が一部で流行しはじめているようです。

色々調べてみると、『海上自衛隊体操』とは、狭い艦内での運動不足解消を目的にプログラムされているそうで、効率的かつ効果的な内容になっているんだとか。

そこで真偽を確かめるべく、海上自衛隊に取材申請。全面協力のもと、『海上自衛隊体操』の謎に迫ってみました。

取材に応じてくださったのは、近代5種競技の元選手であり、自衛隊体育学校の教官をつとめたこともある上村 准海尉。

お話によると、『海上自衛隊体操』と呼ばれるものは、全てで5段階あり総称してそう呼ばれているそうです。

『海上自衛隊体操』の第1から第5は次のような構成になっています

▼海上自衛隊体操
第1体操 保険体操(ラジオ体操のようなもの)
第2体操 柔軟性の向上(ダイナミックストレッチ)
第3体操 筋持久力、呼吸循環機能の向上(サーキットトレーニング)
第4体操 筋力向上(筋力トレーニング)
第5体操 俊敏性向上(前後5mを移動する運動)

※実施順序:第1(一部省略)→第5→第2→第4→第3→第1(一部省略)

これら全てをこなすと2時間程はかかるそうです。冬場の野外で行っても汗びっしょりになる運動量だそうですよ。

元々は海軍も陸軍体操が主流だったそうですが、狭い艦上、艦内での生活及び兵員の健康と戦闘能力向上の体操を模索していたところ、昭和6年、堀内豊秋大尉がデンマーク体操を自身の部隊に独自に取り入れ効果が得られたことから研究が始められ、昭和17年9月に『海軍体操教範』として設定。
そして、終戦を経て更に研究はすすめられ現在の『海上自衛隊体操』になったそうです。

海上自衛隊体操第1_1 海上自衛隊体操第1_2 海上自衛隊体操第1_3 海上自衛隊体操第1_4 海上自衛隊体操第1_5 海上自衛隊体操第1_6
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。