ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

給食事情様変わり 「同じ給食費で『おかわり』はズルい」のか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“給食を時間内に全部食べきれなかったら、たとえ6時間目にかかろうとも、食べさせる”という学校は、今や少数派。ネット上には、「居残りまでさせて食べるのを強要するのは、おかしいのではないか」という母親の疑問の声があがるほど、それは“レア”なのだ。小学校教諭経験のある、塾講師は話す。

「何かというと、体罰、いじめ、という捉えられ方になりかねないのが現状です。何かセンセーショナルな事件が起きると、先生が皆そうだと思われるのでしょうか…。

今、私が教えている子のケースでは、学校で美術の時間の課題で、行きたいところか夢の国か、何かそういうテーマで絵を描くことになったと。それでその子が海賊の絵を描いて、帆の部分にドクロマークをつけたんですって。

そうしたら、わざわざ学校の先生から、家に『お宅の子は精神をちょっと病んでいるのではないか』というような話があったとか。ドクロマークが何かに触れたようです(笑)。万が一何かあったときに、“先生がサインを見逃していた”と思われるのを避けるためなのでしょうね」

先生が、皆「ビビっている」。

「給食については、アレルギー問題もあるので、“その子に合った”内容、ということには細心の注意を払うようになっています。アレルギーでもなく、嫌いなものについては親から事前に聞いたりして、少しずつ食べられるように仕向けていく努力をします。
これも、無理やり食べさせると、その指導が問題になってしまいます。

“同じ量でないと不公平”という考えは、もはやありません。
多くの学校では、量というより、質。主食・主菜を食べないのにデザートだけ食べる、ということがないようにするくらいです。

ただ、一方で、子供の間で“同じお金を払っているのに、○○ちゃんはたくさん食べていてズルい、といったような声もあがります。子供の口から給食費、という単語が出てくるのが驚きですが。もしかすると、家で、親が“お金払っているんだから、ちゃんと食べなさい!”などと言っているのかもしれません」

そもそも昔に比べて、給食の質はずいぶん良くなっているという。

「今はパンではなく、お米が当たり前。メニューもイタリアン風とか、韓国風とか、バラエティに富み、洒落たものも多いです。まあ、それを残すのは、贅沢な話ですけどね…。でも、栄養バランスが考えられすぎていて、煮物や炊き合わせなど、“おふくろの味”オンパレードで、子供のテンションが低いこともありますよ(笑)」



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
主食がパンでおかずがキムチチャーハンという前衛的給食紹介
サイダーポンチにポテトフライの給食に栄養士「目を疑った」
奈良の給食献立にキムチと牛乳 韓国人も避ける食べ合わせ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP