ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Motorola、Moto Xのブートアニメをホリデーシーズン仕様にアップデート、Active Display機能もアプリになってGoogle Playストアで公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorolaが同社のフラッグシップスマートフォン「Moto X」のブートアニメーションを先週より冬をイメージにしたホリデーシーズン仕様にアップデートしていたことが判明しました。私の知る限り、どの端末メーカーもブートアニメーションを季節によって変化させるようなことはしていないので、この機能は業界初の試みになると思います。ブートアニメーションは自動的にアップデートされる仕組みとなっているらしく、ユーザーは何か操作する必要はなく、単にMoto Xを起動すると動画のようなブートアニメーションが流れるとのことです。Moto Xに関連したニュースでは、スリープ中でも通知を表示する「Active Display」機能がアプリとなってGoogle Playストアで公開されました。Google Playストアでの公開に合わせてアプリもアップデートされており、通常のアプリと同じ方法でActive Display機能をアップデートすることができます。変更内容は、Active Displayからロックを解除(上下にスワイプ)ししてホーム画面が表示されるまでの1~2秒のラグの修正です。「Active Display」(Google Playストア)Source : Droid-Life



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Note 3を発売から2か月間で1,000万台出荷
KDDI、Miracast対応のフルセグ小型TV「PHOTO-U TV」を12月14日に発売
「ドコモメール」がXperia acro HDやGalaxy Noteなど2011年~2012年の20機種に本日より対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP