ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Qualcomm、64bit対応のSnapdragon 410シリーズを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Qualcommは12月9日、Snapdragonファミリーの次世代モデルとなる「Snapdragon 410シリーズ」を発表しました。Snapdragon 410シリーズは、ハイボリュームを狙うミッドレンジデバイスをターゲットにした「Snapdragon 400」の後継にあたる製品シリーズです。大きな特徴は、同社初となる64bitの命令セットを盛り込んだCPUと次世代ミッドレンジGPU「Adreno 306」を搭載したところ。性能はSnapdragon 400よりも高いでしょう。Snapdragon 410は、アプリケーションプロセッサと通信モデムをワンチップに統合したSoCです。28nmプロセスで製造され、世界中のLTEをサポート、中国やインドなど一部の国で普及しているマルチSIM構成のスマートフォンを作成できるよう最大3枚のSIMカードもサポートしています。OSはAndroid、Windows Phone、Firefox OSをサポート。Snapdragon 410の発売スケジュールは、2014年上半期中にサンプル出荷され、2014年下半期に出荷されます。来年中にはSnapdragon 410端末が発売される見込みです。Source : Qualcomm



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、Galaxy Note 3を発売から2か月間で1,000万台出荷
KDDI、Miracast対応のフルセグ小型TV「PHOTO-U TV」を12月14日に発売
「ドコモメール」がXperia acro HDやGalaxy Noteなど2011年~2012年の20機種に本日より対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP