ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

PowerVR G6200 GPUを搭載したMediaTekの次世代タブレット向けプロセッサ「MT8135」の性能が判明、グラフィックス性能でMT8125に大差をつける

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GFX Benchmarkの公式サイトに、MediaTekの次世代タブレット向けプロセッサ「MT8135」を搭載した端末のテストスコアが登録されていました。MT8135のグラフィックス性能を確認することができます。MT8135は既に発表されたプロセッサです。ARM Cortex-A15を2基とARM Cortex-A7を2基を採用したクアッドコアCPUとImagination Technologiesの次世代GPU PowerVR Series6“Rogue”の「PowerVR G6200」を内蔵しており、主にミッドレンジ~ハイエンドクラスのタブレット向けに搭載される見込みです。GPUの刷新によってグラフィックス性能は現行モデルの「MT8125」よりも4倍高いと言われています。テストで使用されたのはAlps製端末。解像度1024 x 720ピクセルのディスプレイを搭載したAndroid 4.2.2端末です。CPUは364~1209MHzで駆動します。今回はMT8125を搭載した「Acer ICONIA A1-810」とスコアを比較してみました。次の画像をご覧の通り、「GFXBench 2.7 T-Rex HD C24Z16 – Offscreen (1080p):」のテストでは、約5.2倍高いスコアを出しています。Imaginationの発表通り、G6200を搭載したことでグラフィックス性能は大幅に向上したようです。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUSは「Padfone E(T008)」を開発中、4.7インチスマートフォンと10.1インチタブレットの合体製品
未発表のSony Mobile製スマートフォン型番「PM-0741-BV」とタブレット型番「SGP412」が技適を通過
LGが4.7インチディスプレイを搭載した「LG G2」の小型版を開発しており、CES 2014で発表されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP