ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

人間関係をスムーズにさせる「聞く」テクニック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この連載「ハッピーライフ習慣」では、毎日のちょっとした工夫で自分らしく輝くヒントをお伝えしていきます。
誰にでもひとりやふたり、苦手な人はいるもの。しかし、職場や習い事の教室、彼の友人など、どうしても顔を合わせなければならないこともあるはず。
そんなときは、「苦手」という感情をとりあえず忘れて、「話の聞き方」を変えてみましょう。
今回は、人間関係をスムーズにさせる「聞く」テクニックをご紹介します。
身体を相手の方に向ける
話を聞くときに、心から興味関心があることを表すために、体ごと相手のほうに向けてみましょう。上半身を少しひねるように傾けると、自然に聞く体制をつくることができます。
相手の目を見る
相手の目を見ながら話を聞くと、真剣に聞いてくれていると思ってくれるようになります。たとえ相手が目をそらしたとしても、こちらは相手の目を見続けましょう。ずっと見守ってくれているような感覚に陥ります。
適度にうなづき、相づちを打つ
話を聞きながら時々うなづきや相づちを打つと、ちゃんと話を聞いてくれているのが伝わるので、より効果的。相手が話している最中に自分の言葉をかぶせたりせず、相づち以外は口を開かないのが大切なポイント。
心を傾けて聞いていることが相手に伝わると、次第に心がほぐれてきて、会話を重ねるごとに安定した信頼関係が築き上げられていきます。その結果、人間関係がより深いものになっていくのです。
仮に少し仲が悪くなりかけている人だとしても、このように心を込めて相手の話を聞くことを続けていると、次第に関係性が改善され、いつの間にか仲良くなっていることもあります。彼との関係修復にも効果アリですよ。
headphones image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
自然に体と脳を目覚めさせる「起床」のコツ
今年ものこり1か月。目標未達成の人のための整理術
たった1分でやる気をおこさせる習慣づけとは?

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP