ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

TD-LTE対応のXperia Z1(L39t)の筐体仕様はグローバル版と少し異なる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z1のTD-LTE対応モデル「L39t」が先週中国 工信部の認証を取得しました。L39tは中国移動のTD-LTE方式(とTD-SCDMA)の通信サービスにも対応した「Xperia Z1」の派生モデルです。しかし、3.5mmヘッドホンジャックの窪みが本体中央に位置しており、筐体仕様はグローバル・国内版と少し異なるようです。通信機能の仕様が変わったことで、移動せざるを得なかったのでしょうか。本体サイズは145.7 × 73.9 × 8.55mm、質量は163g。ディスプレイは5インチ1,920×1,080ピクセルのTFT液晶。プロセッサは2.2GHzのクアッドコア、RAM容量は2GB、カメラは背面に2,070万画素と前面に80万画素以上のカメラを搭載。OSバージョンはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)となっています。Source : Tenaa



(juggly.cn)記事関連リンク
イーモバイル版「Nexus 5(EM01L)」のAndroid 4.4.2アップデートが開始
Qualcomm、64bit対応のSnapdragon 410シリーズを発表
Motorola、Moto Xのブートアニメをホリデーシーズン仕様にアップデート、Active Display機能もアプリになってGoogle Playストアで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP