ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国大統領が反日主導 大震災式典欠席、告げ口外交、暴言も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2013年ほど、韓国の反日話題に事欠かなかった年はない。『悪韓論』がベストセラーとなっている元時事通信ソウル特派員の室谷克実氏に、この1年の反日を総括してもらった。今年の特徴はなんといっても大統領自ら反日を主導したことだ。

 今年3月の3.11東日本大震災の追悼式には、140余か国の外交団が参列したが、中国と韓国が欠席した。中国には「式典での台湾の扱いが不当」とする理由があったが、韓国は後になって「事務的なミスだった」とか、「連絡のファクスを見落としていた」とか言い訳するばかり。重大な外交上の欠礼だが、大使あるいは大使館員が処罰されたという報道もなし。「リメンバー3.11」の1つにすべきだろう。
 
 朴槿恵大統領は、訪米、訪中、G20出席、訪欧と外国を訪問するたびに、首脳会談の相手や、地元有力メディアに「悪い国・日本」を吹き込んできた。日本人は「告げ口外交」と呼ぶが、韓国紙『中央日報』には「遠隔外交」なる新語が出ていた。悪韓、いや圧巻は9月、韓国を訪問したヘーゲル米国防長官に聞かせた「反日独演会」だ。ヘーゲル長官はさすがに異常さを感じたようで、これを機に韓国を見るワシントンの視線は冷たく変わった。

 ひどいのは大統領だけではない。女性閣僚である尹珍淑・海洋水産相が9月の記者懇談の席で、福島原発の汚染水流出に関連して、安倍内閣を「非道徳なガキども」とののしった。
 
 盧武鉉大統領時代の首相は、日本の右派政治家を「吠え続ける犬ども」と言った。犬からガキに、少しは良くなったのかな。

※週刊ポスト2013年12月20・27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヘーゲル米国防長官 訪韓時の朴大統領の日本批判に苛立った
朴槿恵・韓国大統領の告げ口外交 外交的儀礼欠くと米研究者
安倍首相側近 韓国と首脳会談しても国益上さほど得はしない

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP