ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カシオからコンパクトデジタルカメラ『EXILIM』の新機種3製品

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
exilimex1

カシオ計算機は、シャッターを押すだけで美しい写真が撮影できるフルオート機能と、動画に動画を合成する『ダイナミックフォト』機能を搭載し、有効画素数1410万画素のコンパクトデジタルカメラ『EXILIM』3製品を2月26日から順次発売します。いずれも価格はオープン。

新開発の『EXILIMエンジン5.0』により、フルオート機能『プレミアムオート』を搭載。夜景や逆光、夕日など撮影シーンの判別や顔検出、人物以外の被写体の検出、人物や背景の画質を最適に補正する画像処理など、美しい写真を撮影するための高度な機能が、シャッターを押すだけで自動で使い分けできます。

写真や動画を合成する機能『ダイナミックフォト』では、動く被写体を撮影して切り抜き、別の静止画に合成するだけでなく、動画の上に動画を合成できるようになりました。合成した動画は、付属ソフトウェアを使って『YouTube』にアップロードしたり、ブログに公開して楽しめます。

『EX-H15』は、広角24mmからの光学10倍ズームレンズをコンパクトなボディに収めた高倍率ズームモデル。46万画素の3.0型クリア液晶を搭載し、CCDシフト方式の手ブレ補正、1回のフル充電で1000枚の撮影ができる長電池寿命、、HDムービーといった高い基本性能を備えています。オートフォーカスはシリーズ最速の約0.17秒です。シルバーとブラウンのモデルを3月12日、ブラックとピンクのモデルを3月26日に発売します。

exilimex2

『EX-Z2000』は、広角26mmからの光学5倍ズームレンズを搭載する、デザイン性を追求したモデル。「スリム&スピーディー」をコンセプトに、新鋭的ながら手になじむフォルムで操作性を高め、手に持ったときに美しく見えるようにデザインしています。46万画素の3.0型クリア液晶、CCDシフト方式の手ブレ補正、HDムービー、約0.22秒の高速オートフォーカスを搭載し、1回のフル充電で580枚の撮影ができます。シルバーとピンク、バイオレットのモデルを2月26日、ブラックとレッドのモデルを3月12日に発売します。

exilimex3

『EX-Z550』は、小型・軽量ボディで簡単に美しい写真を撮れるモデル。広角26mmからの光学4倍ズームレンズ、2.7型液晶を搭載。CCD氏ふぃと方式の手ブレ補正、HDムービー、約0.20秒の高速オートフォーカスといった機能を、小型・軽量ボディに備えました。シルバーとピンクのモデルを2月26日、レッドとブルーのモデルを3月12日に発売します。

■関連記事
新世代“マイクロ一眼”のエントリーモデル登場『OLYMPUS PEN Lite E-PL1』
オリンパスイメージング、ハイビジョン動画対応のズームデジタルカメラ『μ-5010』など発売へ
パナソニック、『おまかせiAモード』搭載のコンパクトデジタルカメラ『LUMIX DMC-FS10』発売へ

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。