ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界遺産カッパドキアにあった「きのこの山」と「たけのこの里」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Capapdocia image via Shutterstock
これは非常識な大きさのしめじでも、ましてやあの「きのこの山」でもなく、トルコにある世界遺産「カッパドキア」にあるめずらしい岩。
カッパドキアにはこのような奇岩がたくさんあるのですが、火山の影響と、激しい気候の変化により、このような異様なかたちの岩ができたそう。
「昔は妖精が暮らしていた」いうメルヘンな伝説まであり、上の写真は『妖精の煙突』とも呼ばれています。

the town image via Shutterstock
▲集落の間にそびえたつこの景色…これぞまさしく「たけのこの里」!?
カッパドキアは「石しかないの?」と思いきや、れっきとした観光地。やわらかい土地をくりぬいてつくられたホテルや教会や洞窟のほか、個性的な景色を空から眺める「気球ツアー」が観光客に大人気です。
Natural rock formations image via Shutterstock
Hot air balloon image via Shutterstock
大きな「きのこ」や「たけのこ」の大地を漂えば、妖精になった気分を味わえるかもしれません。
(チョビベリー)



(グリッティ)記事関連リンク
キッチンペーパーでニオイが取れる!?「足の悩み」を解消する裏ワザ
できるといいことだらけ!「開脚」の意外な美容効果3つ
性格タイプでチェック! 彼が喜ぶクリスマスプレゼント

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP