ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さんま、所、和田アキ子ら大御所の番組 視聴率が軒並み苦戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 来年の3月に『笑っていいとも!』(フジテレビ系)、『はなまるマーケット』(TBS系)という長寿番組が終了する。これを機会に他の長寿番組にも整理の手が及ぶのではという噂も出ている。

「実は『からくり』も終了候補に挙がっています」と明かすのは、TBSの関係者である。『さんまのSUPERからくりTV』といえば、『ご長寿早押しクイズ』や、ボビー・オロゴンなどの新たなタレントを次々と輩出してきた、日曜日の人気番組だったはずだ。

「最盛期には20%近い視聴率を誇っていましたが、今は10%を割り込んでいます。かつてのような名物企画が生まれてこなくなり、一世を風靡した『ご長寿早押しクイズ』も、“予定調和”な部分が多かった。

 面白ホームビデオのコーナーも、海外から買いつけたものを垂れ流しているだけで、今では似たようなものが簡単に動画サイトで見られてしまう。テレビ東京の『モヤモヤさまぁ~ず』に負けて、同時間帯の民放最下位になったこともあるから情けない限りです」(TBS関係者)

 同じく明石家さんまの番組では、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)も、10年前の15.6%から10.4%に急落している。所ジョージも『所さんの目がテン!』(日本テレビ系)が8.2%から7.0%に、『笑ってコラえて!』(日本テレビ系)が14.2%から10.7%にと低迷。

 和田アキ子の『アッコにおまかせ!』が10.2%から6.6%と、“大御所”と呼ばれる人たちの番組の苦戦が続いている。みのもんたの『朝ズバッ!』(TBS系)も最近は5%台で低迷しており、みの降板後もほぼ変わっていない。

※週刊ポスト2013年12月20・27日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ダウンタウン 視聴率低迷も同時間帯に新番組2本開始の理由
フジテレビで『さんまのまんま』放送時間が頻繁に変わる理由
みのもんたセクハラ疑惑 TBS吉田明世アナに真相尋ねたが…

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP