ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お年玉付年賀はがきがリニューアル

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お年玉付年賀はがきのナンバーをチェックするのは、正月明けのささやかなお楽しみ。「どうせ当たらない」と関心がなかった方も、2014年の年賀状はぜひ確認してほしい。1等の当せん確率が大幅にアップしているのだ。

【大きな図表や画像をもっと見る】

1等賞品は、なんと「現金1万円」(各組下5けた)。従来のように、液晶テレビや海外旅行といったビッグなプレゼントではないが、その分、当せん確率が10倍アップしている。今年は1等が100万本に1本の確率だったが、2014年は10万本に1本の確率で1等が当たるのだ。

2等は日本各地のご当地グルメを選ぶことができる「ふるさと小包」(各組下4けた)など。当せん確率は1万本に1本なので、こちらも大いに期待できる。3等賞品はおなじみ「お年玉切手シート」(各組下2けた)。100本に2本の割合で当せんする。

そもそも、お年玉付年賀はがきのサービスがスタートしたのは1950年のことだが、現金が賞品になるのは、これが初めて。記念すべき第1回の賞品は「特等:ミシン」「1等:純毛洋服地」「2等:学童用グローブ」「3等:学童用こうもり傘」と時代を感じさせる品々だ。その後は、8ミリ撮影機・映写機のセットや電子レンジ、ビデオレコーダーなど、お年玉付年賀はがき発売当時の高級品が1等賞品になっている。最近では、パソコンや海外旅行、大型テレビなどから、1点を選ぶスタイルが採用されてきた。

いずれも世相を反映する賞品だが、今回の現金1万円も、昨今の世知辛さが背景にあるといえなくもない。年の初めから、何よりありがたい現金の臨時収入をゲットできれば、「今年は良いことありそう!」と思えてくるかも。お年玉の抽せんは2014年1月19日(日)。当せん番号は新聞や日本郵便のホームページで発表される。
(小越建典/アバンギャルド)
(R25編集部)

お年玉付年賀はがきがリニューアルはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
今年はSNSで“変わり種”年賀状
年賀状、今年は何通出す?
仕事が充実する「年賀状」のチカラ
年末年始のお楽しみアプリ5選
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP