ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huaweiが「PhoPad」を米国で商標出願、スマートフォンとタブレットのいいとこどりした製品を開発中?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huaweiがスマートフォン・タブレットの新ブランドと思われる「PhoPad」という名称を米国で商標出願していたことが判明しました。「PhoPad」がどのようなものに適用される名称なのかは不明ですが、「Phone」と「Pad」を組み合わせたネーミングの可能性が高く、そのことから、スマートフォンとタブレットの要素を持つところが大きな特徴になると予想されます。商標の保護区分は、「Mobile phones; tablet computers; protective cases for mobile phones; protective cases for tablet computers Standard Characters Claimed 」です。スマートフォン・タブレットに関連した製品のようです。スマートフォンとタブレットの要素を組み合わせた製品としては、通話機能を持つ小型タブレット、スマートフォンとタブレットの合体製品といったものを連想します。ASUSのFonepad、Padfoneに似た製品を開発しているのかもしれません。Source : USPTO



(juggly.cn)記事関連リンク
Android 4.4.1端末は将来的にChromecastへの画面のミラーリングも可能に?それを思わせる変更が施される
Gallery Plus:指定した写真と動画を非表示にして他人に見られないようにする機能を備えたギャラリーアプリ
「Zotac Tegra Note 7」開封の儀&ファーストインプレッション

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP