ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ポンジュース「みかん100%」ではない 濃縮還元・原材料の意味

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年10月。「阪急阪神ホテルズ」運営のホテルに入る店舗のメニューに、「ウソ」の表記があったことが報じられて以来、あちこちで「ウチのものも違っていました」というニュースが続いています。

そのなかには、「フレッシュジュース」といいながら、“フレッシュじゃなかった”ジュースもありました。

■全部果汁100%… 「フレッシュ」「ストレート」「濃縮還元」のカラクリ

果物や野菜のジュースには、「フレッシュジュース」「ストレートジュース」「濃縮還元ジュース」などがあります。これらの違いは、簡単にいうと「フレッシュジュース」は、いわゆる「生ジュース」。素材を直に絞ったり、ジューサーにかけるなどした、文字通り“フレッシュ”=できたてのものです。

「ストレートジュース」は、果汁100%のジュースで、絞った果汁をそのままパック詰めしたもの。

紛らわしいのが「濃縮還元ジュース」です。これは、ぎゅっと濃縮した果汁に水を加えて、濃縮前の濃度に戻したもの。どうして濃縮するのかといえば、そうしたほうが、輸送コストが抑えられるなどの理由から。海外産の果物の場合、現地で濃縮して、日本で水を加えて販売――というほうが効率的なのですね。

そして、この「濃縮還元」にも「100%ジュース」と書かれているから、混乱する人は多数。「水で戻しているのに、100%?」と違和感をおぼえる声がありますが、これは「元の濃度(100%)に戻しています」ということなのです。

■「香料」が入っていても「100%」表記の理由

「濃縮還元」では、水分を蒸発させて濃縮する際、果汁の香りがとんでしまいます。これを補うため、水を加えて戻すときに加えられているのが、「香料」。元々、果汁に含まれているものを使うため、「果汁100%」とみなされているのです。

■「ポンジュース」はみかん100%じゃない!

ところで、愛媛県発、人気のみかんジュースといえば「ポンジュース」。このラベルをみてみると、

原材料名, 果実(オレンジ、うんしゅうみかん)、香料
果実ミックスジュース(濃縮還元)

となっています。

あの色の濃さからして、「ストレートジュース」だと思っていた人も多いのでは? 

そして、実は、原材料にはうんしゅうみかんだけでなく「オレンジ」も入っています。そのため、果汁100%の「ミックスジュース」という表記になっています。

お土産も、実は長野県で売られているドライレーズンがチリ産だったり、福井県などの鯖街道で売られている缶詰の鯖がノルウェー産だったりします。

言葉のもつイメージも大切ですが、知っていて食べるのと、知らないで(別の解釈をして)食べるのでは、気分に違いが出てくるもの。これからは加工地だけでなく、原材料もきちんとチェックすると、いろいろなことがわかって、面白いかもしれません。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
うどんの長径 決まったサイズを破った表示すると処罰
【プレゼント】黄ばみを落として輝く白さを保つ薬用ハミガキ
仰天! 「風呂に入れるラー油」が発売されていた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP