ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungは今後のハイエンドタブレット用に8インチ/10インチのAMOLEDパネルを発注したらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

SamsungグループのSamsung Displayが、次期Galaxyタブレットに搭載される8インチと10インチサイズのタブレット用AMOLEDパネルの量産を今月より開始すると韓国メディアのデジタルデイリーが報じました。同サイトによると、このサイズの異なるAMOLEDパネルは、Samsung Mobileがタブレット用としてSamsung Displayに発注したもので、Samsung Mobileのハイエンドモデルに搭載される予定とのことです。また、Samsung Mobileは、今後のハイエンドモデルにAMOLEDパネルを、エントリー~ミッドレンジの製品にはLCDを採用する方針を取っているという。同サイトはまた、8インチと10インチのAMOLEDパネルを搭載したタブレットはSamsung Mobileの次期フラッグシップスマートフォン「Galaxy S 5(仮称)」と同時期に発表されるという情報も伝えています。Samsung MobileからAMOLEDパネルを搭載したタブレットが発売されるとすれば、Galaxy Tab 7.7以来となります。この機種は7.7インチ1,280×800ピクセルの仕様でしたが、今後登場するタブレットはハイエンドの機種ということで、解像度もフルHDやWQXGAを超えてくるものと推測されます。Source : NAVER



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Playギフトカードの国内発売は12月9日から
Nexus 7(2013)Wi-FiモデルにもAndroid 4.4.1(KOT49E)のアップデートが配信開始
Huawei、12月16日に新商品発表会を開催、Honorシリーズ新モデルを発表へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP