ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冬になると、こってりしたものを食べたくなるのはなぜ?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

冬になると、どういうわけかクリームシチューやチョコレートなど、“こってり”したものをよりおいしく感じたり、食べたくなるということはありませんか? それにはちゃんと理由があるのです。

【画像や図表を見る】

冬は寒さに対抗して体温を維持するため、基礎代謝量が上がります。代謝が上がると必要なエネルギー量もまた増えるもの。そこで、効率よくエネルギーを得ようと無意識に高カロリーの、こってりしたものを体が欲するのです。また、冬は日照時間が大幅に短くなり、精神の安定に関わる脳内物質・セロトニンの分泌量が減少。このセロトニンの生成には糖分が関係するため、甘いものを食べたくなることも。

しかし、体が欲するままに高カロリーのものばかり食べるのもやはり問題があります。体がエネルギーを蓄えようとするのは、寒さに対抗するため。そこで、「こってり」ばかりを取り入れるのではなく、体を温める「辛さ」なども取り入れて、賢く冬のグルメを楽しみましょう。

北嶋佳奈=監修
管理栄養士&フードコーディネーター。レシピ開発や栄養・ダイエットに関するコラム執筆、飲食店メニュー提案などで活躍中。ブログでは定期的にレシピも公開している。レシピ本『遅夜ごはん』(宝島社)が好評発売中。 http://ameblo.jp/kanagohan15/

富永玲奈(アート・サプライ)=取材・文
(R25編集部)

冬になると、こってりしたものを食べたくなるのはなぜ?はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
楽チン♪太りにくい外食の食べ方
「酒のシメ」カラダにいい一品は?
料理につけるだけでカロリー減!?
カプサイシン×鍋で代謝アップ!
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP