ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、「Xperia Z1 f SO-02F」を12月19日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは12月6日、2013年冬モデルのドコモスマートフォンとなるSony Mobile製「Xperia Z1 f SO-02F」を12月19日に発売すると発表しました。Xperia Z1 f SO-02Fは、4.3インチのHDディスプレイ、Snapdragon 800 MSM8974 2.26GHzクアッドコアプロセッサ、2,070万画素のExmor RSを搭載するなど、11月に発売された「Xperia Z1 SO-01F」のスペックをコンパクトな筐体に凝縮させた機種です。OSはAndroid 4.2.2(Jelly Bean)で、ワンセグやNOTTV、おサイフケータイ、各種ドコモサービスに対応するほか、通信機能では、LTE(800/1500/1700/2100MHz)、LTE Category 4の下り最大150Mbps/上り最大50Mbps通信にも対応しています。Xperia Z1と違ってフルセグと赤外線通信には対応していません。RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Micro SDカード(最大64GB)も利用可能です。カメラは背面にXperia Z1と同じ2,070万画素のExmor RS(F2.0 27mm Gレンズ、BIONZチップ、シャッターボタンなどを搭載)、前面に220万画素CMOSを搭載しています。なお、先ほど紹介しましたが、ソニーストア銀座、名古屋、大阪では昨日よりXperia Z1 fの先行展示が行われています。また、ソニーストア名古屋では、発売日から3日間の期間限定でドコモショップが併設される予定で、Xperia Z1 fの予約者に対する販売も行われます。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei、12月16日に新商品発表会を開催、Honorシリーズ新モデルを発表へ
トリニティ、カーボン調リアフィルムや薄型カバーなどXperia Z1 f SO-02E用アクセサリー9製品を発表
Hamee、蛇口デザインのUSB充電アダプタ「iTap」を発売、蛇口をひねって電力供給を止める節電機能もあり

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP