ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2013年10月の米国スマートフォン市場、Motorolaのシェアがわずかながらも回復

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネット調査会社の米ComScoreは現地時間12月5日、米国の携帯電話利用者を対象に行った調査結果に基づく2013年10月末までの3カ月間における米国スマートフォン市場シェアを発表しました。調査結果によると、この3ヶ月間で米国のスマートフォンユーザー数は2013年7月末までの3ヶ月間(前回)から4.1%増えて1億4920万人でした。スマートフォン率も62.5%に上昇。どちらも過去最高の数値を記録しました。OS別シェアでは、Androidが前回よりも0.4%シェアを伸ばし52.2%でトップをキープ。2位のiPhoneは40.6%と前回よりも0.2%シェアを伸ばしました。3位はBlackBerry(3.6%)。4位はWindows系(3.2%)、5位はSymbian(0.2%)。3位以下のシェアは減少しています。メーカー別シェアでは、Appleが今回もトップ(40.6%)、SamsungがAppleに続きます(25.4%)。今回3位となったMotoorlaは前回までシェアを毎回落としていましたが、今回は0.1%ながらもシェアを回復。さらに、HTCを抜いて3位に浮上しました。4位はHTC(6.7%)、5位はLG(6.6%)という結果でした。Source : ComScore



(juggly.cn)記事関連リンク
Hamee、蛇口デザインのUSB充電アダプタ「iTap」を発売、蛇口をひねって電力供給を止める節電機能もあり
米T-Mobile版Xperia Z1(C6916)はAndroid 4.3(Jelly Bean)で発売される見込み
CyanogenMod 11 Nightlyビルドの配信がスタート、Galaxy Nexusを含むNexusシリーズやLG G2、HTC One XLなどに配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP