ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 11(Android 4.4.1)から開発方針が変更、まずはNexusデバイスにMビルドを配信へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カスタムROM「CyanogenMod」の開発チームがNexusデバイスに対してAndroid 4.4.1ベースの「CyanogenMod 11」のMビルドを提供すると発表しました。何と早い対応なのでしょう。通常、MビルドはNighlyビルドの完成度が高まってくるとリリースされるものなのですが、今回から順番が入れ替わっています。同チームのブログへの投稿によると、Nightlyビルドのリリースまでにはまだ数週間を要する見通しで、Mビルドの提供はさらに時間を要してしまいます。この順序だとバグなどの修正を中心とした改善がNightlyの開発の後に実施されることになり、ユーザーへの配信時期にも影響を与えます。開発スピードの効率化とユーザーの待ち時間短縮を実現する方法として、リリース順序の入れ替えが行われました。そのため、CyanogenMod 11からは元々完成度が高く、バグの少ないAOSPサポート端末(現在は、Nexus 7、Nexus 4、Nexus 5、Nexus 10)よりMビルドを配信しています。Mビルドで得られたフィードバックやバグレポートなどはNightlyビルドの開発にも活用されます。もちろん、Nexus以外(Galaxy Nexusも含む)の端末にもNightlyビルドは提供されます。CyanogenMod 11 M1ビルドはCyanogenMod配信サーバからダウンロードできます。Source : CyanogenMod Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
SamsungはGalaxy S3 miniやGalax S Advanceなど8機種のAndroid 4.4(KitKat)アップデートも検討中
日本がGoogle Playギフトカードの発売国になっていた、ファミリーマートでは1,500円/3,000円/5,000円分が既に販売中らしいぞ
米国でAndroidミラーレスカメラ「Polaroid iM1836」の販売が停止に、ニコンが裁判でSakar社に勝訴

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP